TOP > 建物品質 > 建物保証

建物保証

山一建設では安心して暮らしていただくために、
建築物件全てに住宅瑕疵担保責任保険をつけております。

  • 事業者の瑕疵担保責任

    新築住宅を供給する事業者は、住宅の中でも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分(下図)の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。
    ※瑕疵担保責任とは…契約の目的物に瑕疵(欠陥)があった場合に、これを修補したり、瑕疵によって生じた損害を賠償しなければならない責任のことをいいます。

  • 瑕疵担保責任の履行の確保

    住宅瑕疵担保履行法は、事業者の瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険の加入または供託)の義務付け等を定めています。(平成21 年10月1日より引渡される新築住宅に義務付け。平成20年4月以降は任意でご利用いただけます。)これにより、消費者が安心して新築住宅を取得できるようになります。

  • 保険の対象となる部分

    修補費用等の保険金の支払い対象となるのは 構造耐久上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分です。 (保険契約の引受けにあたって、JIOはこれらの部分の施工状況について現場検査を行ないます。)

  • ■木造の例(在来軸組工法)

保険証券発行までの流れ

建築士の資格をもった現場検査員が2回の現場検査を行います。

保険期間〈住宅瑕疵担保責任保険(1号)の場合〉

保険期間は、原則として引渡し日から10年です。

▲ページトップへ